荒らし行為は犯罪行為です。

内容次第では「名誉毀損罪」や「侮辱罪」、
「威力業務妨害罪」「電子計算損壊等業務妨害罪」が成立します。
また、「民事上の不法行為」は成立するので、
荒らされた事によって財産的被害を被ったり、
精神的苦痛を受ければ損害賠償を請求することができます。

名誉毀損罪(めいよきそんざい)は刑法230条に規定される罪。
公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立する。
事実の有無、真偽を問わない
法定刑は3年以下の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金である。

内容次第では「ストーカー規正法」も成立します。
その日の服の色やどのような行動をしたかなどをあなたに告げ、
監視していることを気付かせる。
帰宅した直後に「お帰りなさい」などと電話する。
あなたがよくアクセスするインターネット上の掲示板に上記の内容
などの書き込みを行う。



荒らし行為は犯罪です。


被害に会われた方は最寄の警察署・管理人までご連絡ください。

警察庁サイバー犯罪対策
全国警察サイバー犯罪相談窓口等一覧


- WWW.CARDCAPT.ORG -
このページへのリンクの承諾は必要ありません。